monoguramu8のブログ

過去と今を行ったり来たりしている出戻りeighter

5人の関ジャニ∞のうた

ようやく今の事を書くとですよ。こんな僻地でひっそり営むブログですから、思った事をそのまんま書きます。

 

簡単にアップ出来るSNSもたくさんありますが、ブログって読むと書くがしっかり出来るところがいいなーと思う。文章力も語彙力もないけど書く事は好き。

 

5人になってからのeightはすーーーーごく曲に恵まれてると思う。関ジャニ∞らしさもありながら、万人ウケするキャッチーさもある。どの曲も果てしない包容力を感じるのです。いろんな事を乗り越えてきたからこそ醸し出される包容力って言うか、なんかもう優しさがすごくないですか?優しさレベルはバファリン越えてない???

 

若さ故の勢いは当然ない、当たり前だ全員アラフォー1人は四十路。若さに代わりすいもあまいも味見してきた包容力を身につけた、これってすごい武器だと思う。味見どころかがっつり飲み込んでる気もするんだけど。

 

その反面、どの曲もめちゃくちゃ難しいと思う。歌番組では外す外す、、。大倉が高音?関ジャニ∞の曲は高くて歌えない、元のメロディわからへんの人が高音⁉︎

 

丸ちゃんは声量はないし歌詞が聞き取りにくいところはあるけども、音程はめちゃくちゃ安定してて外さない人のイメージでした。器用にどんな曲も自分のものにしちゃう人。それがどうした丸ちゃん、外す外す。

 

友よ路線で安君メイン、4人が支えていく布陣が一番安心安全な気がするのです。だけどそれはしなかった。ただでさえたくさんのものを背負ってる5人なのに、わざわざ!背負う荷物を増やしちゃう。新たな自分達である為に、難しい曲に挑む。何も歌える曲を歌えばいいじゃない、歌えない曲に挑む必要ある?と世間の声を気にするヘタレなヲタクは思ってしまいます。

 

だけど、わざわざ越えなくていい壁まで越えようとするのが関ジャニ∞な気もします。転んで泥だらけになって、笑われてもまた転びにいってしまう。なんなら自分達を笑った人と一緒になって笑っちゃうようなところないかね。あるよね。気付いた頃には転んで出来た傷が勲章になってる言ったらかっこよく表現し過ぎかもしれないが、その盲目さこそがヲタクたるもの。

 

 

これから関ジャニ∞は5人でやって行きます!

 

 

で!

 

 

47都道府県まわるツアーします!

 

 

って!もうバカバカ、すごくバカ。

 

 

みんなめちゃくちゃ忙しいじゃないか、20代の体力ないんだよ⁉︎なのにさーめちゃくちゃだよー。だからこそ好きになっちまうんだよ、戻ってきちゃうんだよ。アラフォーで、人数も減って、だけどドームツアーがやりたいですって?もうバカバカ、応援するぞこのやろー!

 

これからも歌ではハラハラさせられるんだと思うし、それ以外でもハラハラしたりバカバカって思わされたりするんだろうな。だけど本人達がわざわざ望んで背負ってる苦労、応援しようと思う。ゆっくりゆっくり、自分達が望む姿になれたらいいね。5人だから歌える歌を受け止められるそんなヲタクに私はなりたい!

 

そう言えばわたしは今のeightに何を望むんだろう。ひたすらチマチマ過去作品を辿るばっかりでTVもないし。ライブで会いたいとか、ドラマ見たいとか、あんまり欲がないのです。

 

なんかもうメンバーみんなが心から笑っていてくれたらそれだけで幸せで、今日という日を笑っててくれ!それだけを望んでる気がします。更に言うなら、10年後またここで、8人で、今よりずっと笑っていてくれたらそれがいっっっっちばん幸せで望む事なのであります。もうなんか無償過ぎる。究極の茶の間愛ここにありって感じです。